学ぶ・知る
麻しん(はしか)





◇麻しん(はしか)の基礎
麻しん(はしか)の流行状況



麻しんは毎年春から初夏にかけて流行が見られます。過去10年の推移を見ると、2001年に大きな流行がみられ、その後は徐々に患者数は減少していました。
本年は、小児(15歳未満)の患者数は例年に比べ、それほど増加しておらず、2007年5月現在2001年の約10分の1の程度です。しかし、成人(15歳以上)の患者数は2001年時と同じ程度に上っています。
また、2007年はこれまで主に東京都と埼玉県など首都圏で流行がみられていますが、徐々に全国に拡がりつつります。



学ぶ・知る・麻しん(はしか)